WordPress初心者におすすめするレンタルサーバー

独自ドメインを取得しましょう

ドメインとは、WEBサイトのURLの中に含まれる”ホームページアドレス”のことで、ドメインがないとWEBサイトを作成することができません。

わたしは、ドメインの定番サイトであるお名前ドットコムで、独自ドメインを申し込み、取得しました。
基本となるドメインには、「.COM(ドットコム)ドメイン」や「.JP(ドットジェイピー)ドメイン」など、多種類の名称があります。

.COMドメインや.JPドメインなどは、あくまでも基本となるドメインで、これをそのまま使うことはできません。 この基本のドメイン名の「.」(ドット)の前に任意の名前を付けて、例えば「example.com」のように、「example」という任意の名前を付けた独自ドメインというものを取得することができます。

独自ドメインは、年間の利用費を支払えば、毎年同じドメイン名を使い続けることができます!
費用はドメイン名によって様々ですが、例えば.COMドメインは、年間1,100円程度の費用で使用することができますので、比較的安価に手に入れることができます。

無料でドメインを貰える広告を見たのですが、これって得なのですか?

1年間無料という条件であれば、2年目の更新をするときの費用がいくら必要なのか重要なポイントです。ドメインによっては、更新費用がかなり高いものがあります。

好みのドメイン名を探す

ドメイン名には多数の種類があります。
COM、JP、NET、BIZ、INFOなどなどです。

ドメインの定番サイトであるお名前ドットコムでは、なんと550種類以上のドメイン名が取引されています。
悩むとキリがないので、定番の「COM」が空いてれば、費用も手頃で取得しても間違いないです。
費用については、ドメイン取得時の価格だけでなく、更新時の価格もよく見ておく必要があるので、ご注意ください。

独自ドメイン名を何にするかは、結構悩ましいです。
短い字数の名前は既に取得されているものが多く、プレミアムが付いていたりします。
お名前ドットコムのトップページでドメインの空き状況を検索できるので、必要な独自ドメイン名が空いているのかどうか分かりますから、一度調べてみましょう!
独自ドメインの購入自体は簡単で、画面の流れに沿って手続きすれば、数分で完了します!

ドメイン名の種類が多すぎて、どれにすればいいのか分からないです。

一般的に使用割合が高い「COMドメイン」にするのが一番良いと思います。金額的にも、おすすめです。

WordPressを使うのにおすすめのレンタルサーバー

はてなブログなどのブログサービスでも独自ドメインを使用することができます。
しかし、ブログサービスには制約が多いので、自由なブログを作りたいのであればWordPressで作るほうが、おすすめです。
後になって、ブログサービスからWordPressへ引っ越すのは、かなり労力が要りますので。

なお、WordPressで本格的にブログやWEBサイトを構築しようと思えば、必ずレンタルサーバーが必要になります。
レンタルサーバーの運営会社は多数ありますので、どれにしようか悩みますが、わたしはエックスサーバーを利用することにしました。
エックスサーバーにした理由は、「WordPressがサクサク動く!!」というキャッチフレーズを信じることにしたからです。
費用面が一番気になりますが、一番安いプランは月額1,000円程度なので、思い切って申し込みました !
WordPressのインストールも簡単なので、おすすめです。

独自ドメインを取得したら、まずネームサーバーの設定変更!

独自ドメインを取得したときに、まず設定変更が必要なのは、ネームサーバー(DNSサーバー)のアドレス変更です。
ネームサーバーというのは、独自ドメイン名とWEBサイトのIPアドレスを紐づける情報を登録する場所(サーバー)のことです。
ネームサーバーの設定は、お名前ドットコムのWEBサイトに独自ドメインの管理画面がありますので、そこで変更することになります。

なお、ネームサーバーのアドレス情報は、レンタルサーバー側の管理画面を確認することになります。
また、ネームサーバーの設定変更を行っても、実際に反映されるまで時間がかかり、1日以上かかる場合もあります。
設定に要する時間は、結構かかります。

ネームサーバーの設定変更は簡単なのですか?

独自ドメインの設定も結構手間がかかり、初めてだと難関です。
お名前ドットコムのマニュアルをよく読みましょう!

レンタルサーバーと独自ドメインを使用するのに必要な費用は?

レンタルサーバーと独自ドメインを利用することで必要な費用ですが、わたしが申し込んでいるプランであれば月額にして合計1,200円程度です。
お小遣いの範囲内で収まるので、そんなに大きな負担ではありません。

WordPressも無料で使えるし、最大50個のWordPressをインストール可能ですので、コストパーフォーマンスは高いと思います。